一番に現実的なワキガの対策方法は

体臭の対策方法で一番に現実的なのはやはりワキガ手術でしょう。
ワキガ手術では体臭の原因となる特殊な汗腺を切り取ってしまうという手術を行います。
もちろん麻酔をして行うので痛みはありませんが小さな傷跡が残ることがあります。

 

しかし、ワキガ手術も完璧というわけではなく、低い確率ですが、汗腺が再び発達してしまい、再びわきがになってしまったり、別の部分で汗腺が発達し、別の部分がわきがの状態になってしまったりなどということもあるようです。
また、ワキガを治すのとは少し違いますが、手術をしない別の具体的なわきがの臭いを防ぐ方法としてはこまめにワキを除菌シートなどで拭く、制汗剤などでこまめに消臭をするなどが有効です。
わきがの臭いを発生させるのはワキから出る特殊な汗そのものではなく、その汗がわき毛や服などについて雑菌が繁殖することによって臭いが発生します。
雑菌が繁殖する場所をなくすことができれば臭いは発生しないわけです。
雑菌の繁殖する場所をまったくなくすることは難しいですがわき毛を剃ってしまったりなど、少なくすることはできます。